アルバイト

アルバイトの思い出たくさん

アルバイトが就職のステップに

アルバイトが就職のステップになることもあります。
私は、27歳ぐらいの頃、コンピュータ技術者になりたかったのですが、
なかなか面接しても採用してくれずに、困っていました。
不採用の原因を聞いてみると、やはり「未経験」だからでした。
なので、アルバイトでもいいからコンピュータ開発の現場で仕事をした上で、
正社員の道を探ろうと思い、携帯電話のアプリの動作検証というアルバイトを
半年ぐらいしました。
仕事の内容は、数百項目あるテスト仕様書に沿って、ずっと携帯電話を操作しながら、
テストすることでした。
夏休み バイト 短期
今までのアルバイトに比べて、正直楽でしたし、将来の為になると思い、
前向きに仕事をすることができました。
このアルバイトを終えて、再度就職活動を行い、見事にコンピュータ技術者の正社員に
なることができました。

 

自分が始めたいと思うアルバイトの探し方

 

自分がしたいと思うアルバイトになかなか巡り合えないということもあります。それは時給が低いとか、自分がしたいような職種の求人をなかなか見つけられないということもあります。

 

アルバイトサイトはかなりたくさん出ており、どのサイトも検索しやすくなっています。自分の希望する場所、職種、時給や日給、また働く期間や量などにチェックを入れて後は検索をかけるだけです。するとぴったりのアルバイトを見つけることができるかもしれません。

 

ですが、すぐに見つからないことも多いので少しあせらずに待つことも大切になってくることがあります。アルバイトとはいえ、どこでもよいわけではなく、モチベーションを保って働けるバイトを見つけたいものです。

昔昔20年以上前、まだ学生だった頃、渋谷沿線に新規オープンのレストランでウェイトレス募集というので応募。面接後不合格でしたが、「カプリチョーザ」で採用していただけることになりました。店長さんも優しく(お元気かなー)、仲間もいい人ばかり(みんな今は何してるのかなー)、お仕事も楽しく、言うことなしでした。
中でもバイトおいしさ特Aランクだったのが、月に1度か2度あった、「試食会」!!
「お店の商品を実際に食べたことがなければ、お客さんに聞かれた時説明できないし、あともう一品何か…と言われたときおすすめもできない。」というお店の方針で、
バイトなのに試食をさせてもらえたんですねー!!
品数は確か5品前後だったと思いますが、月によって異なり、店長さんが決めていたようです。
ただしネックは、試食会開催日に必ずしも参加できない、ということ。
開催日は前もってわかっているので、その日にシフトが入っていればシフト前参加でラッキーでしたが、シフト以外だとサークルの用事などでなかなか参加できなかった。
残念!!行ければラッキー、美味しかったなー!
今でもあの味のファンで、家族で時々食べに行っています!
あ、もしかして「アルバイトへの試食」は実はこのファンつくりが目的だったのかな!?
今は店舗数も増え、行きやすくなりましたねー。
お勧めは「にんにくのスパゲティ」です!

私は昔、靴屋でアルバイトをしていました。
時給は安いし、そんなに靴が好きというわけでもなかったので、何度もやめようかなと考えたことがありました。
それでもそのアルバイトは二年以上続きました。
嫌な部分の方が多かったですが、接客が楽しかったので続けることができました。

 

来るお客さんは主にお年寄りの方が多かったので、靴を買ったついでに世間話などをしていくお客さんもいて、そういうお客さんと話すのはすごく楽しかったです。
中には話すのが楽しいから店に来ているというお客さんもいて、来るといつも昔の話を聞かせてくれました…。

 

最初は靴にも全く興味はなかったのに、働いているうちにどんどん靴に興味が湧いてきて、気づいたら玄関が埋まるほど靴を買っていたりしました。

続きを読む≫ 2014/06/29 05:08:29

私の人生で一番長いアルバイトは食品レジの業務です。
高校三年のとき、大学受験が終わったことをきっかけに、私は長期で勤められるアルバイトを探しておりました。
このときは18歳だったので、16歳のときより職種が選べました。
私は自宅から近いバイト先を探しました。
長期のアルバイトは初めてだったので、長く勤められそうなバイト先を慎重に探しました。
そして、自分の性格も考慮した上で、スーパーの食品レジのバイト面接を受けることにしたのです。
私が選んだスーパーは、黒髪厳守でピアスも許されませんでした。
そのため、従業員は真面目な方が多かったと思います。
接客マナーもかなり厳しかったので、こちらのアルバイトは本当に良い経験になりました。

 

続きを読む≫ 2014/06/27 00:44:27

私は過去にいろいろアルバイトをしてきましたが、アルバイトを通していろいろなことを経験出来たので、良かったと思います。

 

車を使った宅配のアルバイトでは、車の運転が上達しましたし、配達した地域を深く知ることができました。
具体的には、その地域に住んでいる人達や、お店、建っている家やマンション、地域自体の雰囲気などです。

 

ファミリーレストランの厨房でのアルバイトでは、サランラップの効率の良い使い方や、ハンバーグを上手に焼く方法、お肉の種類などいろいろなことを学びました。

 

道路工事の警備のアルバイトでは、道路工事の作業工程や工事に使われる車両や道具などを知りました。

 

花屋のアルバイトでは、お花の種類や水遣りのやり方、花束の作り方などを知りました。

 

まだまだあるのですが、アルバイトで経験した事や知った事の全てが今の自分にとってプラスになっていると思います。

続きを読む≫ 2014/06/27 00:42:27

ひと昔の「きつい・汚い・危険」の肉体労働系の3Kアルバイトがおススメです。
ファーストフード、事務系のアルバイトよりも、はるかに効率的に稼ぐことができる可能性が高いのです。
特に公共工事関連の現場では、戦力によりも頭数をそろえることに意義があります。
国や地方公共団体の請負仕事では、事前の計画書を提出し、人数をチェックされます。
とはいえ、例えば30人の人数で工事概算書の作成を命じられても30人の社員で仕事をすれば利益が薄まります。
だいたい、その3割はアルバイトを使います。
もちろん、たいした戦力にならないので、トラックの出入り口をほうきで掃除したり、非常に簡単な後方支援の仕事になります。
重い機材を運んでけがでもしたら大変ですから、昼食や飲み物運びも多いです。
雨が降れば、作業は中止でも賃金の日給保証もしてくれるところが多いです。
男子学生におススメです。

 

家庭教師アルバイトでの思い出

大学生の時に、家庭教師のアルバイトをしていました。
相手は主に小学生・中学生で、英語や算数を中心に教えていました。

 

算数を教えていた時のことです。
その時取り組んだ問題は、直方体の表面積を計算する、というものでした。「この直方体の全面に紙を貼るには、何平方センチメートル要るでしょうか?」という問題です。
普通なら表面積を計算して答えを出すところですが、その子は「1平方メートルもあれば十分だよね」と言いました。
その発想力、素晴らしい。天才じゃないかと思いましたね!

 

ちなみに、その後お母さんより「勉強時間のはずなのに、楽しそうな笑い声が聞こえる。勉強に集中していないのではないか」との理由で、その子の担当を外されてしまった、というオチがつきました…。

続きを読む≫ 2014/06/08 03:17:08

わたしが今まで一番イヤだったアルバイトは、「引越し」のアルバイトです。
日給は6000円〜10000万円くらいで、それほど悪くはなかったのですが、
仕事はキツかったです。
私は「引越し」のアルバイトを数回程度しかしたことがなかったので、
「引越し」の技術(モノを運ぶコツ)・経験が無く、とてもしんどかったです。
また、周りは出来る人ばかりだったので、私への目線は厳しく、雰囲気も最悪でした。
ある時に、ブラウン管のとても大きなテレビを団地の5階から1階に横付けしている
トラックまで運んだときは、地獄を見ました。
テレビを手渡しされた後、階段を降りていると、とても重かったので下に置きたかったのですが、
一人で床に置くことができず、必死で1階まで駆け下り、トラックに積みました。
手がプルプル震え、万が一落としたら弁償しなければというプレッシャーで、辛かったです。

 

 

意外に頑張っている娘のアルバイト

 

 

高校生の娘がいるのですが、アイドルの追っかけをしている事や
好きな服を思い切り買いたいと言う事で、一応親としては反対を
したのですが、しぶしぶアルバイトを承諾いました。

 

娘がしているアルバイトは回転すしのキッチンなのですが、週に
4日ほど入り土日はほとんど一日中働いています。

 

たまに娘は頑張っているかなあと回転すしにお客さんとして行ってみる
のですが、客席から中を覗くと必死になって働いている姿が目に入りました。

 

小さかった頃は引っ込み思案で大人しい子供だったのですが、いつの間にか
成長したんだなあと思うと少し胸がジーンとします。

 

月のお給料は何と8万円ほどもあるのですが、半分以上はアイドルの追っかけに
使っているようです。

 

まあこれも青春かなと感じています。

続きを読む≫ 2014/06/08 03:17:08

ホーム RSS購読 サイトマップ